ヒッチハイク

ヒッチハイクヒッチハイク

本ブログメインコンテンツです
自身のヒッチハイクで日本一周した経験から諦めないことの重要さや人との出会いなど思ったことを書いてます!
ヒッチハイクをしたいと思ってる方、旅行が好きな方、面白い記事を読みたい方
どんな方にもおすすめできる記事が揃っていますのでどうぞ覗いていってください!

ヒッチハイク

夏休みヒッチハイク日本一周 第13話 「人生を変える出会い」

ようやく動き出した2人は愛媛方向を目指すため高松中央ICへ向かっていた。真夏の太陽に体力をどんどん奪われ旅立ちの頃の元気は残っていなかった。歩きながら無性にアイスを食べたくなり高松中央IC付近のファミリーマートに寄りガリガリ君をかじった。「よっしゃ行くか!」 と自分達に喝を入れバックパックを持ち上げたその時 コンビニにいた男性が話しかけてきた。
ヒッチハイク

夏休みヒッチハイク日本一周 第12話 「日本のウユニ?!父母ヶ浜」

8月11日 AM 10:00高松駅付近のコインランドリーで快適な朝を迎えた2人は腹ごしらえにうどんを食べに行った。 昨日香川県のうどんに出会ってしまってからは完全にうどんファンになっていた。安く、美味く、腹持ちのいいうどんは貧乏大学生ヒッチハイカーにはもってこいだった。心とお腹が満たされた2人は香川県での目的を果たすためレンタカーを借りることにした。 香川県で一番安い車を借りて向かう先は「日本のウユニ」と呼ばれる...
ヒッチハイク

夏休みヒッチハイク日本一周 第11話 「いざ四国入りぜよ!」

8月10日 AM10:00 umieモザイクコンクリートの上で寝た割によく眠れた。ぼーっとしながらも寝袋を片付け歯を磨いた。 「よーし今日もやりますか!」
ヒッチハイク

ヒッチハイクは危険?実際に起きた事件を紹介します。【番外編】

ヒッチハイクって危険? 事件とかに巻き込まれたりしないの? 今回はそんな疑問にヒッチハイクで日本一周した僕がお答えします!
ヒッチハイク

夏休みヒッチハイク日本一周 第10話 「遂にリタイア!?魔の大阪」

8月9日 PM7:00  四つ橋IC付近 大阪でお腹いっぱいに食べ満足満腹の二人は香川県を目指してヒッチハイクを始めていた。何もしなくても話しかけてくれる大阪の事だから簡単に乗せてくれる人が見つかる! と、その時はそう思っていた。
ヒッチハイク

夏休みヒッチハイク日本一周 第9話 「夜の西成区」

兵庫の友人のジョー君と会う頃にはとっくに日付が変わっていた。 ジョー君と再会して早速お寿司をおねだり。笑 久しぶりの寿司の味には感動の一言。お寿司を平らげ早速「西成に行きたい!」 嫌がるジョー君だがしつこいお願いに観念したのか渋々連れて行ってくれることに。 「冷やかしで行く場所ちゃうで」と言うジョー君の言葉の意味をこの時はあまり理解していなかった。
ヒッチハイク

夏休みヒッチハイク日本一周 第8話 「西成のヤンキーの車に乗ってみた」

8月8日 PM4:00 晴れ 大阪に入る前から「大阪では遊ぼう!」と決めていた二人は日本屈指のスラム街と言われている西成区に向かっていた。調べたところによると西成区には格安で泊まれるホテルがあるらしい。しかし治安の面を考えると少し心配な面があった。百問は一見にしかずと言うことで実際に現地に行って町の感じを見てみることにした。西成区について飲み物を買おうとコンビニに寄っていたところ「兄ちゃんら何してるん!!?」急にヤンキー風の兄ちゃんに話しかけられた。
ヒッチハイク

夏休みヒッチハイク日本一周 「第7話 大阪進出!」

8月8日 AM8:00セミの鳴き声で起こされた野宿初日の朝正直「よく寝たな〜」という感覚ではなかったです。それはこーすけも同じだったと思います。それよりも昨夜寝どころを作る頃には周りは真っ暗だったため「こんなところで寝てたのか!」と言うのが朝イチの感想でした。近くの水道で顔を洗ってポテトチップスを二人でわけてよし、やるか!と早速ヒッチハイク開始!
ヒッチハイク

夏休みヒッチハイク日本一周 第6話 「出会い、また出会い」

湾岸長島SAに到着するとなんと刈谷ハイウェイオアシスで会った2人組ヒッチハイカーと再会少し話し、お互いのこれからの旅を祈って別れた頃には夕方前になっていたこの旅に出てからと言うもの時計を見る習慣がなくなってたそのためか周りが薄暗くなり始めたことに気づいていなかった。ここで野宿するかもう少し進むかの話し合いを魔法の本を出しながらしていると...
ヒッチハイク

夏休みヒッチハイク日本一周 第5話 「警察登場??」

刈谷ハイウェイオアシスに着いた二人は右手にアメリカンドッグ、左手におにぎりを握りしめ、作戦会議をしていたどうやらここ刈谷ハイウェイオアシスもヒッチハイカーが集う場所らしく何組かのヒッチハイカーがそれぞれ大小のスケッチブックを手にその日を楽しんでいた。おにぎりを食べ終わると僕らは迷わず一番出口側を目指し歩き始めた。以前の海老名SAでヒッチハイカー対策は完全にマスターしていた...
タイトルとURLをコピーしました