夏休みヒッチハイク日本一周 第6話 「出会い、また出会い」

ヒッチハイク

kantoです☆★卍

前回のスノーボード編みていただけたでしょうか!

最近徐々にとブログの書き方が分かってきて自身の成長を感じています!

まだまだ見づらい部分があると思いますがご愛嬌ということでお願いします^卍^

さて前回の旅ブログでは湾岸長島SAに当地着したところまで行きましたね!

早速続きを書いていきます!


湾岸長島SAに到着するとなんと刈谷ハイウェイオアシスで会った2人組ヒッチハイカーと再会

少し話し、お互いのこれからの旅を祈って別れた頃には夕方前になっていた

この旅に出てからと言うもの時計を見る習慣がなくなってた

そのためか周りが薄暗くなり始めたことに気づいていなかった。

ここで野宿するかもう少し進むかの話し合いを魔法の本を出しながらしていると

一台の大型トラックが止まった。

運転手の方が降りてくると

「乗るか?」と言ってきた。

・・・7人目車屋レーサーさん・・・

前回に続いての不意打ちヒッチハイクに僕らは驚きながらも即答で乗せてもらうことに

車に乗るや否や「これ食え」とデニッシュパンをくれた。

それめっちゃ美味いねんと続けるとくれたはずのパンを自分でちぎって食べ出した

この頃にはもうすでに車屋レーサーさんが支配する空間に引き摺り込まれていた。笑

「どこからきたん?」「どこまで行くん?」

車を走らせながら質問責めに合う僕ら

そんなこんなで話が弾んでくると

「お前らおもろいな!」

どうやら気に入ってくれたみたいで奈良にある車屋チームのお店に連れて行ってくれる事に

テンションあがってる人

たくさんの車に車好きが発動しテンションが上がるkanto氏

ワイワイガヤガヤ車チームの方々と話していると

「腹減ったろ?」

と、レーサーさん。

腹が減ってないわけがない僕らはまたしても二つ返事

がむしゃらラーメン

疲れた体に一番美味しいこてっこて系のラーメン大盛りをぺろりと平らげ満足げに車に戻り

そろそろどこかに降ろしてもらおうと思った時

車屋レーサーさんからこんな言葉が

「お前ら日本一周するんやろ?ヒッチハイクだと東北は厳しいだろうから車貸したろか

え??

「貸して欲しかったら宇都宮まで来い!それまでお前らのメンタルが折れてなければな!」

正直僕らは言葉を失っていたと思います

さっきあったばかりのヒッチハイク小僧に口約束とはいえ車を貸してくれる人がいるなんて

この旅に出なければ間違いなく出会うことがなかったレーサーさんの言葉に

うまく返す言葉が見つからなかった僕らは

絶対行きます!よろしくお願いします!」

とだけ言い

近くの道の駅“針テラス”まで送ってもらいレーサーさんとは別れた。

針テラスに着いた頃にはすっかり夜になっていた。

その日の夜は初めての野宿。

ちょっとワクワクしながら新品の寝袋を広げる。

「消すよー」

ランタンの明かりを消すと辺りは真っ暗に

それと同時に空には満点の星空が広がった。

旅に出てからまだ2日目なのに色々なことが起こりすぎて

会話が止まらないふたりはまるで修学旅行のよう

その後もたくさんの初めてや出会いに脳みその整理が追いつかず

なかなか眠れない初めての野宿であった。

続く。。。!

8月8日 2日目

進んだ距離:114km(計525km)

使ったお金:1000円くらい

ヒッチハイク
この記事を書いた人
サンタ

初めましてサンタです!
本ブログでは自身のヒッチハイクで日本一周した経験を元に感じたことやストーリーを書いてます。
他にも、趣味や発信したいことを雑談枠と言うカテゴリで書いています!
ぜひゆっくりして行ってください!

サンタをフォローする
サンタをフォローする
kantoの周遊記

コメント

タイトルとURLをコピーしました